FC2ブログ

宮本充のきまぐれ週報2

宮本充のきまぐれ週報2

明けましておめでとうございます!

けましておめでとうございます!
本年も「きまぐれ週報」をどうぞよろしくお願いいたします。

大晦日のブログで、「お正月がなぜ目出たいのか」と若い頃は思っていた、ということを書きました。
書きながら、昔の舞台の時にあったことを思い出しました。
そのことを書きたいと思います。

舞台では、公演の初日に劇場に入ると、出演者、スタッフ同士で、「初日、おめでとうございます」と挨拶をします。
千秋楽にも、「千秋楽、おめでとうございます」と挨拶をします。
それが普通だと、ずっと思っていました。

ある舞台の初日のこと。
劇場入りした時に、僕はその舞台の演出家(昴ではない)に、「初日おめでとうございます」と挨拶しました。
すると、その演出家は、怪訝そうな顔をし、何も言わずに向こうへ行ってしまいました。
僕はムッとして、そのことを先輩に言いました。
すると先輩は、演出家が挨拶をしなかった理由を教えてくれました。
その演出家の所属するところでは、誰も初日の挨拶をしないのだそうです。
理由は概ねこんなところ。

舞台は、稽古の初日から公演の最終日まで、全てが大切な日だ。初日と千秋楽だけを特別視はしない。

その演出家の怪訝な顔は、「あなたは、他の日はめでたくないのか。初日と千秋楽以外は大切ではないのか」と僕に言っていたのかもしれません。

そして、そのことを教えてくれた先輩も、「実は俺も、そういう挨拶は自分からはあんまりしないな」と言いました。
演劇界では必ずすると思っていた挨拶が、そうではなかったことを知り、とても驚きました。

僕は若い頃、商業演劇によく出ていて、商業演劇の世界では、挨拶はとても大事だったので(初日と千秋楽だけでなく、中日も。さらには毎日、全部の楽屋を挨拶して回りました)、新劇でも当然だと思い込んでいたのかもしれません。
昴のメンバーも、僕が挨拶をするので仕方なく挨拶を返していたのかも…
それ以来、僕は、相手の出方をうかがうように、そっと初日と千秋楽の挨拶をするようになりました。

一年365日全てが大切、元旦はその内の一日に過ぎない、に通底するクールな考え方。
確かにそうかも。
否定はしません。
でも僕は、無事に初日を迎えられた日と、無事に公演を終えられた日は、やはり特別だと思うのです。
その喜びを、言葉にして、皆と分かち合いたいと思うのです。
これからも、初日と千秋楽には「おめでとう」を言うつもりです。
そっと。

元旦の昨日は、家から一歩も外に出ずに過ごしました。
今日は、午後から外出しようと思います。

鏡餅

が家の鏡もち。
小鉢を逆さまにして置き、コピー用紙を適当に折り、その上に、餅つき機で作った餅を丸めて載せました。
年々、シンプルに…。
スポンサーサイト
  1. 2019/01/02(水) 12:33:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

気楽な大晦日

さん、こんばんわ。
只今、12月30日の深夜2時。
つまり、大晦日です。
一年の何と早いこと、といつも思いますが、師走は特に早いような気がします。
12月3日の「評決」の千秋楽から、まるでワープしたように一気に大晦日になってしまいました。
気が付くと、家の掃除も年賀状も何もやってませんでした。
ああ、キリギリス…。
慌てて今朝から年賀状を作り出したのですが、木版画と消しゴム版画のハイブリッド、全8色。全然、終わらない…!

校生の頃までは、「お正月が何でめでたいんや」と思っていました。
「誰がこの日を一年の始まりと決めたんや」「地球の公転軌道のどこが一年のスタートと言い切れるんや」などと、ひねくれて考えてました。
でも大人になって、考えが変わりました。
一年間、家族と暮らし、劇団員と芝居をし、色々大変なこともあったけど、何とか無事に年を越すことが出来た、その喜びを分かち合うのは当たり前です。
人類の決めた「お正月」が、本当は地球の公転軌道の正確なスタート地点じゃないのかもしれないけど、そんなことはどうでもよくて、けじめが大切なのです。

から毎年、大掃除は一所懸命やってきました。
ある年は、家じゅうの窓を開けて寒風吹きすさぶ中、ランニングシャツ1枚で床のワックスがけをして元旦は大風邪で寝込んだこともありました。

も、今年は高校生の時に戻ろうと思います。
「お正月なんて、365日の一日に過ぎない」と思って、大掃除をしないことに決めました。
軽~く掃除機をかけて、お風呂の床だけカビキラーして、お餅だけついて(機械で)、残りの時間は年賀状を作ることにします。

そう決めると、気が楽になりました。

評決版画年末

皆さんも大掃除はほどほどに。
そして、良いお年をお迎え下さい!
  1. 2018/12/31(月) 01:48:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

「評決」 勝訴!

「評決」が終わって、一週間がたちました。
え、もう一週間…?
つい数日前に終わったような気がします。

僕は、舞台が終わった後、体調を崩すことがよくあります。
今回は体調は崩しませんでしたが、猛烈な眠気に襲われました。
電車の座席に座った瞬間に寝てしまうこともありました。
ひょっとしたら、この一週間、殆ど寝ていたのかもしれません。
だから数日しかたってないような気がするのかも。

という訳で、ブログもすっかりご無沙汰してしまいました。
芝居が始まる前には、見に来て下さいと散々お願いしておきながら、終わったら知らんぶりとは恩知らずな男です。
すみませんでした。

皆さま、ご来場、本当に本当に有難うございました!
お陰様で、盛況のうちに、幕を下ろすことが出来ました。
昼と夜と1日2回の日が続き、声帯が最後までもつか心配でした。
毎朝、目を覚ますと、今日は声が出るだろうかと、布団の中で恐る恐る「あ~~」と一声出してました。
でも、無事に最後までもちました。
僕の役は殆ど出突っ張りで、場面転換の間も芝居が繋がっていて、一度舞台に出ると、楽屋に戻ることはまずありませんでした。

でも苦労の甲斐あって、お客様の評判は上々でした。
まず演出家の力。
そして、役者のまとまりが大きかったと思います。
モー役の俳優が病気で降板し、急きょ代役として、金子さんが参加してから、一気にまとまりました。
劇団って本当に素晴らしいと思いました。

さあ、いつまでも眠いなんて言ってられません。
お仕事、お仕事!
そして舞台のお礼状。
それから年賀状もそろそろ。
お正月に向けて、家の片付けも少しずつ始めないと。
だって、もう師走。
一年の何と早いこと!

足を踏まれる

「評決」の打ち上げの夜
カヨピンに、おニューの靴を踏まれる図。
こうやって、35年以上、踏まれ続けています。
便乗して宮島まで。
こらぁ!
  1. 2018/12/10(月) 11:25:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

いよいよ初日!

無沙汰していました。
久しぶりのブログです。

稽古に没頭してました。
そして、気がつくと今日が初日。
やはり稽古日数が足りなかった…
しかし、手ごたえは感じています。
お客様のお心に残るような舞台に仕上がっているのか。
それは、皆様の「評決」に委ねることにいたします。

さて、「あうるすぽっと」は公営の劇場で、退出時刻が厳しく決められています。
午後10時になると、お客様も、キャスト・スタッフも全員、劇場の外に出なければなりません。
「評決」の上演時間は、休憩を含めて2時間半。
僕は、終演後に着替えを済ませてロビーに参りますが、10分ほどしかいられず、残念ながら、あまりゆっくりとご挨拶できません。

また、ご来場の際は、是非、ロビーの物販コーナーにもお立ち寄りください。
「評決」にちなんだグッズを販売いたします。
僕も、ちょっと手伝いました。

では、劇場でお待ちしています!
  1. 2018/11/29(木) 00:37:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

相模線

が付くと、稽古の折り返し地点をとっくに過ぎていました。
順調に進みながらも、少し焦りを感じ始めています。
前にも書きましたが、たとえ稽古が一年あっても、最後には焦るのです。

今、一番大切なのは体調管理。
今年は早々とインフルエンザを打ち、今月中旬に2回目も打つ予定。

そして、精神面もとても大切なのです。
精神的ストレスは体調に直結します。
気分転換が大事。

人によって気分転換の方法はさまざま。
お酒だったり、スポーツだったり、映画鑑賞だったり。
でも僕の場合は、断然、散歩。
先日、稽古休みの日に、自転車で丘の上の建物を訪ねたことを書きました。
とてもいい気分転換になりました。
また行きたいくらい。
そして、一週間前の稽古休みの日に、今度は電車に乗りに行きました。

相模線。
橋本と茅ヶ崎を結ぶJR線。
最近、自宅にいる間は、訳あって、ずっと絵を描いていました。
絵を描いている間は音楽を聴いていました。
その中に松任谷由美の「天気雨」という曲があり、「♪白いハウスを眺め相模線に揺られてきた 茅ヶ崎までの間あなただけを思っていた」というくだりを聴いているうちに、「そうだ、相模線に行こう」となったのです。

自宅から電車を乗り継ぎ、小田急線の海老名に。
そこから相模線で茅ヶ崎まで。
噂通りの単線!
運転席の後ろの窓にかぶりつき、30分ほどの旅を楽しみました。
残念ながら「白いハウス」は見えませんでした。
僕の乗らなかった海老名~橋本間にあったのか。
それとも、もうないのか…。

日は稽古休み。
昼から雨が降り出し、出かけることが出来ず、自宅にいました。
そして、ずっと舞台に関係することをやっていました。
「評決」のことばかり考えていました。
まずい、気分転換をせねば…!
ん~と…
寝ます。
おやすみなさい。
  1. 2018/11/10(土) 01:22:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
次のページ