FC2ブログ

宮本充のきまぐれ週報2

宮本充のきまぐれ週報2

神田川

日、高校の同窓会がありました。
「泉陽会東京支部」
関東に住んでいる卒業生の集まりです。
幹事の方がいつも色々な企画を立ててくれて、その中に「江戸東京散歩」というのがあります。
僕が初めて参加した時は赤坂の迎賓館でした。
その次は神楽坂巡り。
そして今回は神田川クルーズ。
浅草橋の船着き場から乗船し、約2時間のクルーズ。
最高でした!
普段、何気なく歩いている東京の街を下から見るのは刺激的でした。

僕は神田川と聞くと、高田馬場から早稲田大学辺りが浮かびます。
「窓の下には神田川~♪」(byかぐや姫)は、この辺りなんだろうなと。
しかし、早稲田から下流については全然知りませんでした。
御茶ノ水駅の下を流れているも神田川だったんですね~!
「食べかけの檸檬を聖橋から放る~♪」(byさだまさし)の、レモンを投げたのは神田川だったのか…。

とは言っても、御茶ノ水の辺りは、江戸時代に作った堀に神田川の水を流したものだそうで、そういったことが、乗船するときに貰った冊子に色々と書いてあり、とても勉強になりました。
江戸・東京って面白い!
いつか、古地図を手に「ブラタモリ」みたいにブラブラしそうです。

回、川の面白さを知りましたが、僕にとっての散歩は、やはり坂道。
その向かうに何があるのか…どうしても見たくなります。

タモリさんが「日本坂道学会」というものを作られたということを最近知りました。
会員は、タモリさんと、週刊「ヤングマガジン」の元編集長の二人だけだそうですが。
東京の坂道の本も書いていらっしゃるよう。
しかし、坂道に関しては横浜も負けてはいません。
横浜には、坂というより崖のようなものが沢山あります。
そこを上ると、上は住宅街だったり、小学校だったり。
ワンダーランドです。
ちょっとした冒険です。

浅草橋

船着き場の近くで。
右側のビルは幅が2メートルくらいしかない!
こういう発見も散歩の楽しみ。

スポンサーサイト
  1. 2019/05/17(金) 09:12:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

再びオーバースロー

「南吉野村の春」、好評のうちに千秋楽を迎えることが出来ました。
ご覧くださった皆様、どうも有難うございました!
前回のブログで、「アシバー」と「南吉野村の春」で共通する小道具は何でしょう?と書きました。
答は拳銃です。
どちらもヤクザが出てくる芝居。
平林、ヤクザが好きなのか?

在、昴の野球部にはローテーション投手が3人います。
速球派と、軟投派と、頭脳派。
僕は4番手。
最近はめっきり出番が減りました。

昨年、投球フォームを「オーバースロー」から「スリー・クオーター」に変えました。
でも今年はまた「オーバースロー」に戻しました。
コントロールは少し悪くなるのですが、球威は戻りました。
そして、コツコツと壁投げに励み、出番が来る日を待っていました。

先日、ついに、そのチャンスが来ました。
三本柱のうちの2人が試合に出られず、もう一人は守備のバランス上、サードを守ることになったのです。
試合の3日前に監督からオーダー発表があり、それからあまり眠れなくました。
体がグニャグニャしてボールがまっすぐ投げられない夢も見ました。

試合の前夜、雨が降り出しました。
「明日は中止かも…」
それでもいいか…と一瞬思いました。
いかんいかん!
試合が流れたら、次に投げられるチャンスがいつ来るかは分からない。
弱気は駄目。
マウンドに立つ前にすでに負けている。自分に!

試合当日の朝も霧雨。
でも午後には止み、とても水はけの良いグランドだったおかげで、なんとか試合が出来ました。

これが最後のチャンスと思って投げました。
でも力み過ぎて、コントロールを乱し、
1回は0点に抑えたものの、2回に2失点、3回に6失点。
そこで降板。
敗戦投手となりました。

試合の後は、メンバー達と、新井薬師前駅の近くの、昔、昴の制作部で働いていた後輩がやっているお蕎麦屋さんに行きました。
そこで、ビールを飲んで、お蕎麦を食べて、ほろ酔いで、歩いて中野方面に移動。
中野駅界隈の飲み屋街で飲みました。

せっかく巡ってきたチャンスをモノにできませんでした。
でも、収穫はありました。
フォームの細かいところを修正して、コントロールをつけて、そして精神的にもう少し余裕が持てれば、まだいけるはず。
いつもは厳しい監督も「みっちゃん、よかったよ。なかなか」と一言。

次のチャンスが来ることを信じて、壁投げに励みます。

中野駅ホーム

また写真を撮るのを忘れ、帰り、中野駅のホームにて、ガラ携で自撮り。
向こうに見えるのは、サンプラザ中野。

  1. 2019/04/29(月) 21:04:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

芝居の虫

日、Pitに稽古を見に行って来ました。
劇団昴・ザ・サードステージ・ラボ公演。

「南吉野村の春」

舞台は奈良県の南吉野村。

テレビドラマで、俳優が変な関西弁を喋っているのを聞くと、関西人として、イラっと来ます。
稽古で変な関西弁を喋ってたら、本物の関西人として教えてやらなければ。
そういう気持もあって出かけた訳です。

ラボ公演は、劇団の俳優が自分で企画を立て、仲間を募り、有志で作りあげます。
今回、企画を立てたのは平林弘太朗。
主役です。

役者は大抵、稽古中は自分の役のことで頭が一杯になり、他のことが手につかなくなったりするものです。
しかし彼は、主役をやりながら、演出家・スタッフとの交渉、チラシ作り、稽古場の手配など、全ての仕事をこなしています。
昨日も稽古が始まる直前まで、スタッフとして忙しく走り回っていました。
ありゃ寝てないな…多分。
その熱意とエネルギーには本当に感心します。
まさに芝居の虫!
頭が下がります。

共演者は佐藤しのぶ、加藤和将、白倉裕人、古谷みちる。
平林の芝居の熱に魅かれて集まった、こちらも芝居の虫達。
登場するのは変な人物ばかり。
しのぶちゃん…最初、誰だか分からなかったよ~。

呆気にとられ、毒気にあてられ、あっという間の1時間40分でした。
変な関西弁もちょくちょくあったけど…ま、気になりませんでした。
それだけ面白かった、ということでしょう。

野は桜の名所。
僕の母の故郷です。
昔、山頂近くの喫茶店で、窓際の席に座り、谷底から吹き上げる風に乗って無数の桜の花びらが空に舞い上がっていくのを眺めたことがありました。
今回のチラシのあらすじの「桜で名高い吉野村の隣の村。散った花びらが通り過ぎるだけの田舎」というところが好きです。
吉野の山奥のさびれた村を舞台に、怪しげな人物達が繰り広げる、切なく、おかしく、心温まる物語。

「南吉野村の春」
4月10日(水)から4月14日(日)まで。
(10日はこりっちでのお取り扱いを終了しました)
大山Pit昴にて。

僕も声で出演します。
是非、お出かけ下さい!

南吉野村写真

右が、劇団員の江﨑泰介、左が準劇団員の遠藤鮎喜、そして真ん中が新人研修生の西岡萌絵。
みんな、スタッフとして手伝ってくれています。
ここが昴の良いところ!

林は昨年も「アシバー」という芝居を自ら企画し出演しています。
そう言えば、あの時も変な人物ばっかりだったな~。
奈良と沖縄。舞台は遠く離れていますが、ある共通した小道具が出て来ます。
さて、それは何でしょう。
分かった方は「昴の虫」!

  1. 2019/04/08(月) 18:56:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

花見

ずは宣伝です。
すばる倶楽部の会員の皆さまと役者達が、テーブルを囲んでお茶を飲みながらお喋りをして楽しくひと時を過ごす「お茶会」。
会員の皆様のお手元にはすでにご案内が届いたと思いますが、来る4月21日(日)に開催いたします!
役者陣は「他人の金」(5/30~6/16)の出演者を中心に、「評決」の出演者も何人かお手伝いで参加します。
僕は残念ながら…どうしても参加することが出来ません。
今回の会場はPit昴!
「平台」やら「箱馬」やら、普段、お客様が見ることのない専門道具に囲まれた素の稽古場でのお茶会です。
我々の血と汗と唾(つばき)とこぼれた酒が染み込んだ稽古場に是非お越し下さい!

爛漫!
メジャーリーグ、日本プロ野球、ついに開幕しました。
マー君、勝利投手、おめでとう!
雄星くん、勝ち星がつかず残念だったね。でもナイスピッチング!
僕も頑張るよ!

昴野球部も活動開始。
先々週、開幕戦がありました。
僕は仕事のため不参加。
相手は、「ライノス」さん。
法曹界の皆さんのチーム。
一昨年、対戦して負けました。
今年も…負けました。
開幕ダッシュに失敗。
やっぱり僕が出なきゃ。

そして昨日、2試合目がありました。
今回は僕も出ました。
5番でセンター。
勝ちました!
やっぱ、僕が出なきゃ。

試合の後、隣の芝公園で花見。
随分前にも、同じこの場所で、試合の後に花見をやりました。
その時の写真を見ると、亡くなった内田さんが笑って写っていました。
グランドにふらりと現れ、観戦して、そのまま花見にも参加したのです。
写真には、劇団をやめた仲間も何人か写っていました。
そして今回の花見には、当時はまだ劇団にいなかった若手がたくさん参加しました。

劇団は突き詰めれば、個人商店の集まり。
入って来る者がいれば、去って行く者もいる。
血は常に入れ替わる。
気が付けば、僕の名前も「連名」の上の方になりました。
居心地悪し…

東京タワー

花見の写真を撮ろうと思っていたのに、すっかり忘れ、そのことを帰り道に思い出し、大江戸線の赤羽橋駅の入口前で、東京タワーをバックにガラ携で自撮り。
このアングルの写真、前にも撮ったような…

  1. 2019/04/01(月) 23:42:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ガラ携の写真

回のブログで、「ガラ携のデータを開いたら、いつ、どこで撮ったのかよく分からない写真が色々と出て来た」と書きました。
これも、その中の一枚です。

上野にて

でも、ちょっと考えてすぐに思い出しました。
先週のある平日に撮ったもの。
場所は上野駅のそばの居酒屋。
姉妹店が大山(Pitのある町)にもあり、稽古の後は皆でよく飲みに行きます。
とにかく安い。
おつまみは100円台から。
アン肝が、なんと180円!
この写真は誰かに撮って貰ったようで、その辺のことはよく覚えていないのですが、みんな相当出来上がっていて、不謹慎なポーズをとってます。
僕は、こんなポーズ、今まで一度もとったことありません。
お酒、怖し…。
あれ?奥に牛山さん。
そうそう、牛山さんを呼んだんだ!

この数時間前。
我々は上野公園のグランドで、野球の練習をしていました。
開幕を半月後に控え、今年最初の部活動。
4時間、みっちりやって、その後、上野駅の反対側に繰り出したのです。
そして、練習時間よりずっと長く飲んでました。

今週末、いよいよ開幕戦。
投げて、打って、走って、飲んで!
昴野球部の活躍にご期待下さい!
  1. 2019/03/14(木) 23:05:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
次のページ