FC2ブログ

宮本充のきまぐれ週報2

弦巻給水塔

日、仕事で世田谷区に行きました。
東急田園都市線の「桜新町」駅から住宅街を北上して行くと、突如、住宅の屋根の向こうに、怪しげな建物の頂上部が見えました。
スタジオ入りまでは、まだ時間があったので、ちょっと寄ってみることにしました。

その建物は「弦巻給水塔」という水道施設でした。
とってもレトロな雰囲気の石造りの建物。

昨年、「アルジャーノンに花束を」で下関に行った時、「港が見える丘の径」という道を歩きました。
日和山という山の頂上に、浄水場がありました。
そこもまた、とても雰囲気のある場所でした。
映画「カメラを止めるな」の舞台も、確かどこかの浄水場。
水道関係の建物は、どうも独特の雰囲気があるようです。

「弦巻給水塔」の敷地の周りは当然、厳重な柵で囲まれています。
飲み水を扱うのですから、外部からは絶対に入れないようになっているのでしょう。
さて、僕がそそられたのは、この敷地が、閑静な住宅地に囲まれていることでした。
昔は給水塔しかなかった場所に、どんどん家が建てられていったのだと思います。

昨年の福島巡業の際、競馬場に行きました。
その時、僕は、一般住宅の庭の向こうに柵があって、その向こうを馬が走っている風景を想像していたのですが、競馬場は実際には、何メートルもの高さの塀で囲まれ、その周りは車道となっていて、とてもがっかりしました。

しかし、この弦巻給水塔は、敷地と住宅が完全に隣接しているエリアがあるのです。
その境界に無性に行ってみたくなりました。
でも個人住宅ですから、中には入れません。
するとアパートがありました。
僕は、アパートの住人を訪ねてきたような顔をして敷地に入って行きました。
アパートの裏側の、玄関のドアが並んでいる通路のすぐ前に柵がありました。

桜新町にて

お~~、江戸川乱歩の少年探偵小説に出て来そうな怪しい感じ。
夜に帰って来た時なんかは、ちょっと怖そう。
う~ん、面白そうだけど、毎日はなぁ……
住みたいとは、ちょっと思えない……
ふらりと立ち寄り、そして立ち去る、ストレンジャーでした。
スポンサーサイト



  1. 2021/02/23(火) 21:18:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

横顔3

あ!
気が付くと、前回のブログから1ケ月近くたってました。
な、なぜ?
浦島太郎のよう。
皆さまお元気ですか。
僕はとっても元気にやってます。
1月の末から壁投げを開始しました。
新しいカーブを試行錯誤中。
久しぶりにジムにも通い始めました。
仕事も順調に戻って来ました。

回の「横顔2」を読みかえしたところ、「横顔が左を向いているのには訳がある」と書いていました。
そして、「その理由は秘密」と書いてありました。
なんて失礼なヤツだ、と自分のことを思いました。
お詫びとともに理由をご説明いたします。

僕は、版画を作ると、いつもそれをブログの画面の頭の部分に貼り付けています。
その部分を何て言うのか、専門用語は知りませんが、僕は勝手に「表紙」と呼んでいます。
パソコンでブログを開くと表紙も出て来るのですが、スマホだと多分、文章しか出て来ないと思います。
そこで簡単な絵で説明します。

ブログの手描き

この右上の部分が「表紙」の絵です。
この部分の自分の顔が右を向いていると、なんだかソッポを向いているような気がして、そこでなるべく左向きにするようにしているのです。
つまり、版画を作る時点で、ブログに転用することを考えて、左向きにすることが多いのです。
以上、大した理由でなくてすみません。
秘密にするほどのことではありませんでした。

これからはちゃんとブログを書きま~す。

  1. 2021/02/14(日) 22:50:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

横顔 2

去の版画の横顔 10!

横顔(競馬)

横顔(バイク)

横顔(風見鶏)

横顔(野球)

横顔(クラーク)

横顔(隣)

横顔(夢)

横顔(オジサマ)

横顔(ヴェニス)

横顔(マルヴォ)

左向きが多いのです。
理由は……内緒。
  1. 2021/01/19(火) 00:00:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

横顔

年の年賀状は消しゴム版画にしました。
テーマは「日本各地を歩く僕」。

消しゴム版画1

① 背景。今回は暖色系で。

消しゴム版画2

② 日本の名所。

消しゴム版画3

③ さらに日本の名所を重ね刷り。
  この細かさは木版画ではちょっと無理。

消しゴム版画出来上がり

④ そして、マスクをつけて、笑顔で、胸を張って歩く僕。


ところで、版画で自画像を作る時は、たいてい横顔です。
下描きの段階では、正面の顔や、斜めの顔も描いてみるのですが、結局、横顔になります。
なぜか。
それは、ディフォルメしやすいから。
彫りやすいから。
目がひとつで済むから。
要するに、楽をしてるんです。

過去の版画の自画像を見返して見ると、ほとんど横顔。
次回は正面顔にしたいと思います。
  1. 2021/01/10(日) 18:04:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

明けましておめでとうございます!

けましておめでとうございます。

一昨日の大晦日は、夕方までに大掃除を済ませ、それから自動餅つき機でお餅をつきました。
つきたてのお餅に、大根おろしや、アンコや、イクラをからめて食べると、もう最高です。
そのことをブログに書こうと思いました。

「まず、自宅でお餅をつくことになった理由を書かなきゃ」
「小学生の時に、おじいちゃんの家でお餅をついたんだよな」
「オジサン達が臼と杵でついて、オバサン達がそれを丸めて」
「あ、お餅は丸餅だってことも書かなきゃ」
「お雑煮は白味噌仕立てだってことも書かなきゃ」
「鏡餅の写真もアップしよう」
「それにしても、大学の寮で食べたつきたてのお餅は本当に美味しかったな~」

写真も色々と撮りました。
そしてブログを書く前に、「待てよ」と思いました。
「ひょっとして、すでに書いたりなんかして……」
念のため、過去のブログを確認してみました。

全部、書いていました……。
鏡餅の写真なんか、3回もアップしてました。
撮った写真は全部ボツ。

最近、息子に言われます。
「あ、父さん、それ聞いた」
劇団の後輩にも言われます。
「充さん、その話、3回目です」

記憶力の著しい低下。
イヤんなっちゃいます。
こんな僕ですが、本年も「きまぐれ週報2」をどうぞ宜しくお願いします。
ちなみに、下記のブログがお正月関連のもの。
良かったら、読んでみてください。

2013年 1月2日 「餅つき」
2013年 1月10日「雑煮」
2015年 1月3日 「明けましておめでとうございます!」
2019年 1月2日 「明けましておめでとうございます!」

棚の中の餅つき機

唯一、ボツにならなかった写真。
一年に一日しか働かない家電。
ひと仕事、終え、再び棚の中へ。
一年後の出番を待ちます。
  1. 2021/01/02(土) 21:44:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
次のページ