FC2ブログ

宮本充のきまぐれ週報2

宮本充のきまぐれ週報2

ガラ携の写真

回のブログで、「ガラ携のデータを開いたら、いつ、どこで撮ったのかよく分からない写真が色々と出て来た」と書きました。
これも、その中の一枚です。

上野にて

でも、ちょっと考えてすぐに思い出しました。
先週のある平日に撮ったもの。
場所は上野駅のそばの居酒屋。
姉妹店が大山(Pitのある町)にもあり、稽古の後は皆でよく飲みに行きます。
とにかく安い。
おつまみは100円台から。
アン肝が、なんと180円!
この写真は誰かに撮って貰ったようで、その辺のことはよく覚えていないのですが、みんな相当出来上がっていて、不謹慎なポーズをとってます。
僕は、こんなポーズ、今まで一度もとったことありません。
お酒、怖し…。
あれ?奥に牛山さん。
そうそう、牛山さんを呼んだんだ!

この数時間前。
我々は上野公園のグランドで、野球の練習をしていました。
開幕を半月後に控え、今年最初の部活動。
4時間、みっちりやって、その後、上野駅の反対側に繰り出したのです。
そして、練習時間よりずっと長く飲んでました。

今週末、いよいよ開幕戦。
投げて、打って、走って、飲んで!
昴野球部の活躍にご期待下さい!
スポンサーサイト
  1. 2019/03/14(木) 23:05:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

パワースポット

年の12月。
遊び仲間達と熱海へ行きました。
僕はJR横浜駅から合流。
お酒とつまみを買い込んで電車に乗り込むと、すでに宴会が始まっていました。
熱海に着き、ほろ酔いで坂道を上って宿へ。
温泉に入り、再び部屋で宴会。

翌日は、別の坂道を下って、熱海の隣の来宮駅まで歩き、来宮神社へ行きました。
境内には鉄筋コンクリートの瀟洒な建物があり、中にはカフェが。
そこでコーヒーを買って屋上へ。
二日酔いにコーヒーが効く~。

来宮にて

この写真はその時のもの。
僕のガラ携で仲間に撮って貰いました。
でも、携帯に保存したまま、すっかり忘れていました。

日、新聞を読んでいると来宮神社の記事が。
とっても有名な神社だったことを知りました。
境内には大きなクスノキがあって、そこがパワースポットになっているとのこと。

あ、そう言えばあったあった。
多分、この写真の向こうに見えてる木。
このクスノキを一周すると願い事が叶うそうですが、回ってません。
説明の看板か何かがあったのでしょうが、二日酔いで読んでません。

新聞を読んで、この写真のことを思い出し、携帯のデータを開きました。
すると、良く分からない写真が色々と出てきました。
何を撮ったのか…いつ撮ったのか…
どうやら僕は、酔うと色々とガラ携で写真を撮っているようです…。
  1. 2019/03/10(日) 00:59:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

夜の散歩 イン 大阪

日、仕事で博多に行って来ました。
「NHK文化教室・特別講座」。
小山力也さんと二人で、「演じる」ということについて話をしました。
ご来場の皆さま、どうも有難うございました!

演じる際の心がけ、などと言うものは、普段、役者同士ではしません。
特に、小山さんはスタジオでは無口。
そんな人から聞く話は、新鮮で、面白く、とても勉強になりました。
ウチの若手達にも聞かせてやりたい!
呼ぶか?ノーギャラで。

演を終え、博多駅から新幹線に乗り込みました。
翌日に大阪で知人に会う約束があり、新大阪駅で下りました。
新大阪駅近くのホテルにチェックインし、部屋にカバンだけ置いて、再びホテルのフロントへ戻り、尋ねました。
「天神橋筋商店街に行きたいんですけど」

天神橋筋商店街は、日本一長い商店街。
北端から南端までの長さは、なんと2,6キロ。
その端から端を、いつか歩いてみたいと思っていました。
そして、その間に、大阪の3大粉モン、たこ焼き、お好み焼き、うどんを食べ尽くす!

フロントで地図を見せてもらい、北端までは歩いて行けることを知り、夜の7時半にホテルを出発しました。
30分、テクテクと歩き、淀川を越え、北端の「天七商店街」にたどり着きました。
「天七商店街」は、アーケードもなく、ほとんどの店が閉まっていて、やや寂しい雰囲気。
でも、しばらく歩くと、大きなアーケードの入口に着きました。
「6番地」の看板。
中はとても賑やか。
ここからが天神橋筋商店街の実質的な始まりのよう。

まず、アーケード入口で、たこ焼きを購入。
行儀悪いけど、食べながら歩くことに。
8個入り。フワフワ、トロトロ。
昔のたこ焼きは、もっとカリカリだったと思うのだけれど…

歩いて行くにつれ、商店街の番地が、「6」、「5」と減っていきます。
南の端はきっと「1」なのだろう。
お、「横浜珈琲」というお店を発見。
しかし、そこはスルー。

「4番地」で、お好み焼き屋さんに入ることに。
僕は旅先では、なるべく地元色の強そうなお店を選びます。
今回のお店もそう。
カウンターの端の席に座り、「イカ玉」と瓶ビールを1本注文すると、お店の人とお客さんに「誰やこいつ?」という目で見られました。
この「異邦人」感がたまらなく好き。(変!)

ところが、最初のたこ焼きでかなりお腹がふくれていて、イカ玉を食べきれず、お店の人に謝って半分残すことに。
ビールも飲み切れず…新幹線で缶ビールを3本飲んだのが失敗か。
この時点で、うどんは諦めました。

お好み焼き屋さんを出て、再び歩き出し、ひたすら行くと、アーケードが無くなりました。
その先は「てんいち商店街」。
「7」と「1」は、アーケードがないのです。
振り返ると、「2番地」のアーケードと明かりが見えます。
少し寂しい雰囲気。
僕は、この寂しさが好きで夜の散歩をやめられないのだと思います。

商店街の南端から通りに出ると、「中之島公園・300メートル」の道路標識。
中之島公園は、土佐堀川(淀川の分流)の中州にあります。

は高校3年生の夏休み、中之島公園の中にある「大阪府立中之島図書館」に通ってました。
自宅にいるとダラダラしてしまうので、図書館の自習室で勉強することにしたのです。
堺市の自宅から自転車で大阪市内の「あびこ駅」まで行き、そこから地下鉄御堂筋線で淀屋橋駅まで。
片道1時間かけて通っていました。

その図書館を何十年ぶりに訪ねてみたくなりました。
商店街の南端から、また歩き出して、中之島公園の東端へ到着。
そこから公園内を西へ歩いて、図書館へ。

国の重要文化財に指定されている立派な建物。
閉館後の壮麗な入口の前で、しばしボーっとしました。

再び歩き出し、土佐堀川をさらに西方向に下って肥後橋に行くことに。
目的地は「YMCA予備校」。
浪人時代に通っていた予備校です。
一年間、自宅から淀屋橋駅へ、そこから歩いて肥後橋へ、そして、肥後橋を通り過ぎて、その先にあった予備校に通っていたのです。
あの建物はあるだろうか。
なんせ40年以上前。
もともと古いビルだったし、もうないだろうな…

肥後橋に到着しました。
そこを通り過ぎ、さらに西へと歩き続けました。
予備校は肥後橋からはそれほど離れていなかったはずなのですが、歩いても歩いても見えて来ません。
「こんなに歩いた記憶はない、やはり無くなったんだな…」と引き返そうとした時に、向こうのビルの上に「キンチョー」の看板が見えました。
その瞬間に、浪人時代、キンチョーのビルの前を歩いて予備校へ通っていた記憶が蘇りました。
再び歩き出し、キンチョーのビルを通り過ぎると…YMCAはありました。
ガラス張りのきれいなビルになっていました。
でも、予備校はもう経営していないよう…。

予備校生時代、こんな長い距離を毎日歩いてたのかと驚きました。
若い頃と現在の脚力のギャップを感じました。
母校の小学校を訪ねた時に「校庭、こんなに狭かったっけ?」って驚く、逆バージョン?

この辺りで右足の踵が靴擦れで痛くなってきました。
講演用に履いてきた慣れない革靴で2時間以上歩いてきたせいです。
足を引きずり、地下鉄に乗って、ホテルに戻ることにしました。

僕の住んでいた堺市は大阪の南の、どちらかというと外れ。
その頃の僕にとっての「大都会大阪」といえば、この中之島界隈だけでした。
本当に、本当に懐かしい、夜の散歩でした。
  1. 2019/02/12(火) 16:02:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

またねー!

月26日に催された、劇団昴・すばる倶楽部「The Party」
今回のウェルカムボードは、これでした。

パーティー看板
事務所にて。

開宴前と閉宴後、イノシシ君が会場入口で、お迎えとお見送りをしました。
ボードの右側と左側と、見る方向で絵が変わるのです。
これはお見送りの、右側から見たイノシシ君。

昨日、池袋の劇団事務所に行くと、役目を終えたイノシシ君が、部屋の隅に立て掛けられていました。
ご苦労さん。

来年の構想はすでに出来上がっています。
現実に作れるかどうかは、ちょっと不明。
まあ、一年あるし、来年のお正月くらいから、ゆっくり作り始めようと思います。

今年のパーティー、本当に大勢の皆さんにお越し頂きました。
どうも有難うございました!
来年もお待ちしています。
またねー!
  1. 2019/02/03(日) 01:44:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ウェルカムボード

「The Party!」、間もなく開催!
すばる倶楽部の会員の皆さまと役者たちとの交流の場。
僕は毎年、会場入口に置くウェルカムボードを作っています。
チラシの絵も担当しているのですが、ある年のウェルカムボードが、チラシの絵を拡大したものになっていて、ペンで描いたものを拡大すると、あまりに粗が目立って、みすぼらしかったので、こちらも僕が描くことにしたのです。
最初はただの絵だったのが、2年前にちょっと凝って、ボードの下のバーを引っ張ると、ネズミのアルジャーノンの手が動くようにしたところ、ご来場の皆さんに少しだけ好評で、昨年は、やはりボード下のバーを引くと、セントバーナード犬のシュワルツコフが、スキーゴーグルを外し、背景のジャンプ台からジャンパーが飛び立つ、というものにしました。
でも、素人が作ったものなので、時々、動かなくなり、僕は入口に立ちながら、頻繁にボードに駆け寄って直し、お迎え係というよりは、ウェルカムボード修理係のようでした。
2年続くと、少し飽きられたようで、高校の同級生には、「来年は、紐を引っ張ったら頭の上にタライが落ちてくるようにしたらどうや」と言われました。
それは現実的に無理。
今年は全然違うものを作っています。

ウェルカムボード

制作途中。
乞うご期待。
会員の皆さま、今年も会場入口で、ウェルカムボードと一緒にお待ちしていま~す!
  1. 2019/01/19(土) 11:58:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
次のページ