FC2ブログ

宮本充のきまぐれ週報2

3D・木版画絵ハガキの全貌

機一髪」の初日まで、残すところ、あと11日となりました!
稽古の様子を、劇団昴ホームページ内の「公演ブログ」で僕が書いてますので、是非、ご覧下さい。

昨日は、稽古休み。
僕は自宅で、絵ハガキの追加分を、せっせと刷ってました。
おそらく史上初の3D 木版画絵ハガキ、その製作過程をお見せしましょう!

マクベス1

顔の部分と背景。
顔には陰影を入れる。

マクベス2

胴体の部分。

マクベス3

顔の部分。

マクベス4

剣とツカ。
左は陰影を入れたもの。

マクベス完成品

最後に、ツバとツカガシラの金色を入れて完成。

9色刷り。
1枚につき、なんと12回も刷ってます!
結構、大変…バレンを持つ右手の親指の皮が剥けそうになりました。

右目と左目の視界のズレを利用した立体視画です。
手前の短剣が宙に浮いて見えます(立体視の説明書付き)。
これは、僕のシェークスピアの初舞台の中の有名な場面です(僕はこの役をやってませんが)
さて、何という作品でしょうか?

機一髪」をご覧下さった方に、この絵ハガキをプレゼントします。
劇団昴のチケットコールにお申し込みの際、「宮本のブログを見た」と仰って下さい。
詳しくは、劇団昴のホームページまで。
ご来場、お待ちしています!





スポンサーサイト



  1. 2012/05/30(水) 00:35:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1

ヘッダー、入る

miwaanndo.jpg

は、あんどうさくらちゃん。
僕のブログの師匠です。
以前の「きまぐれ週報」が使えなくなった時、彼女にfc2を教えて貰い、「きまぐれ週報2」を始めることが出来ました。

そして、右は、三輪学。
劇団昴のホームページ等、パソコン、インターネット関係を担当してくれています。
二人が昨日、「危機一髪」の宣伝動画の収録のため、稽古場に来てくれました。
この機材、全部、三輪の私物!
さくらちゃんと二人で、インターネットの放送番組をやっているそうです。
動画のシナリオも、三輪が書いてくれました。
ほとんど、プロ!

収録後。
師匠に久し振りに会えたので、ブログの分からないところを色々聞きました。
今まで、ヘッダーの入れ方が分からなかったのですが、ご覧の通り、やっとヘッダーが入りました。
(とりあえず、「きまぐれ週報」の時の版画)
そして、動画も!


これは、「危機一髪」の宣伝用動画。
現在、劇団ホームページで流れています。
これも三輪グループの作品。

昨日収録した動画は、近々、劇団昴のホームページで流れます。
僕は、怪しいキャラクターに声を入れています。
乞うご期待!

機一髪」をご覧下さった方に、絵はがきをプレゼント!
相変わらずの木版画。
しかし、ただの木版画じゃあない。
3D!
絵が浮き上がって見えます!
劇団昴にチケットをお申し込みの際、「宮本充のブログを見た」と仰って下さい。
公演の詳細は、劇団ホームページまで!


  1. 2012/05/17(木) 16:18:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

月夜の散歩

た歩いてしまいました。
ゴールデンウィーク中のこと。
「危機一髪」の稽古はお休みで、浮間公園で野球の試合をやりました。
試合後に、ちょっと飲んで、それから、悪い先輩達に誘われて、赤羽で麻雀をやりました。
終わって、時計を見ると、12時前。
赤羽駅まで走り、埼京線に飛び乗ったのですが、それが池袋止まり。
池袋で山手線に乗り換え、渋谷に向かいました。
田園都市線の終電には間に合いそうにない…
新宿駅に着いた時、ホームのアナウンスが聞こえました。
「小田急線、相模大野行き最終をご利用の方はお急ぎ下さい」

小田急線は新宿駅から、田園都市線は渋谷駅から、どちらも西に向かって、ほぼ平行に走っています。
このまま渋谷まで行くと、田園都市線の終電にはたぶん間に合わない。
しかし、今ここで降りれば、小田急の終電には乗ることが出来る。
僕は、新宿駅で降り、小田急線の最終に乗ることにしました。
そして、生田駅で降り、月夜の道を、ひたすら南へ歩き始めたのです。
小一時間も行けば、どこか田園都市線の線路に出るだろうと思って。
これが安易な考えでした。

小田急線は、「谷間の電車」と呼ばれています。
多摩川を越えたあたりから、沿線は地形の起伏が大きくなり、線路の両側には、上り坂の道が多くなります。
生田駅を出て、くねくねと曲がった上り坂を登っていくと、僕は、あっという間に道に迷いました。
どんどん街灯が減っていき、山道のような雰囲気に…
肩から提げていた、野球用具を入れたバッグが急に重くなってきました。
とうとう足が止まり、途方にくれて立っていると、向こうから若い男性がやって来ました。
ジョギング中の様子。
その男性に道を訪ねると、彼はとても驚いて、
「え、歩くんですか…?」と僕に聞きました。
「ええ」
「遠いですよ!本当に歩くんです?」
「歩きます」
「タクシーに乗った方がいいんじゃないですか?」
「いえ、歩きます」
「そうですか…じゃあ、途中まで一緒に行きましょう」
「いいですよ。道を教えてくれれば」
「この辺、分かりにくいんで、分かるところまで行きますよ」
僕は、彼と一緒に、再び歩き出しました。

彼は、就活中の大学4年生。21才。
歩きながら、色々な話をしました。
ずっと野球をやっていたそうで、僕はカバンの中からボールを出して、カーブの握り方も教えて貰いました。

30分後、あざみ野駅に続く一本道に出ました。
「この道をまっすぐ行けば、あざみ野駅です。でも、ここからでも、まだ大分ありますから、どうぞ気をつけて」
僕は礼を言い、名前を教えて貰い、そこで彼と別れました。

親切で、本当に清々しい青年でした。
真夜中に迷わなければ、なかった出会いでした。
「僕の息子だったとしても、おかしくない歳だな…」なんて思いながら、月夜の道をひとり、歩いて行きました。

自宅に辿り着いた時には3時を回っていました。
シャワーを浴びて、布団に入った時には、すでに空が白み始めていました。

夜中にあった出来事は、後日、思い出した時に、遠い異国であった、遠い昔のことのような、夢の中の出来事ような、ちょっとセンチメンタルな気持ちになることがあります。
思いカバンを提げていたせいで、翌日からしばらくの間、膝が痛みました。
その膝をさすりながら、僕は、月夜の出来事を懐かしく思い出していました。

寒水くん
別れ際に撮った写真。
寒水(かんすい)大樹くん。
どうもありがとう!


あ、野球も散歩も、本当にこれで、しばらくお休み。
これからは、稽古漬けの日々です。
次回は、「危機一髪」の稽古場からのレポートです。
劇団昴のホームページの「公演ブログ」にも、色々と書いてます。そちらも是非ご覧下さい!

機一髪」をご覧下さった方に、たぶん史上初!3D木版画・絵ハガキをプレゼント!
劇団昴に電話でチケットをお申し込みの際、「宮本充のブログを見た」と仰って下さい。
公演の詳細は、劇団ホームページまで!
















  1. 2012/05/16(水) 04:08:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

マサさん(2)

まささん

劇集団「円」の、伊藤昌一さん。
通称、マサさん。
野球部のメンバーです。
僕と共通点があります。
理科系出身で俳優になったこと。
40歳近くになってから野球を覚えたこと。
歳をとってから何かを始めると、ハマってしまうことがよくあるそうで、マサさんも僕と同じく野球に深くハマってますが、そのハマり方は、半端じゃありません。
複数の野球チームに入っているのです。
なんと、10チーム!
自宅には、ユニフォームが10着あるのです!
先日の試合の時には、哲学堂公園の2面あるグランドの、もうひとつの方から颯爽と現れました。
すでに、ひと試合、向こうでやっていたのです。
ダブルヘッダーってやつです。
ウチのユニフォームを前の試合でも着ていてくれたのは嬉しかったですが、続けて2試合もやるなんて、本当にタフな人です。

マサさんは、学生時代は獣医さんの勉強をしていました。
当時は、「フーテン文化」が流行っていて、マサさんも、長髪にフーテンルックで、新宿辺りをたむろしていたそうです。
そこで知り合った人達に誘われ、「コミューン」をつくり、吉祥寺などで、針金を曲げたアクセサリーを屋台で売って共同生活をしていたそうですが、ある日、「こんなんじゃ駄目だ!」と逃げ出して、演劇の勉強を始めたとのこと。
そういう紆余曲折を経て演劇の道に進んだ人の演技は、役柄の上に、それまでの色々なものが加味されているような気がして。
「あらしのよるに」の、オオカミの親玉や、「宙をつかむ」の宿屋の息子は、何んともいえない雰囲気があって、素敵でした。

マサさん、色々な武勇伝(?)があるのですが、それはまた、いずれ。





  1. 2012/05/08(火) 12:17:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

球春来たり

うも、首位打者の宮本です。
お陰さまで、昨年は、最高打率を残すことが出来、今年は追われる立場となりました。
タイトルホルダーとして、身の引き締まる想いでシーズンを迎えたのですが、なんと、チーム内では、「スコアブック改ざん疑惑」なるものが囁かれていることを知りました。
僕は、マネージャーもやっており、スコアブックをいつも自宅に持ち帰って、全員の成績を計算しているのですが、その際、自分の成績を書き換えているのではないかというのです。
「今年からはスコアブックには、鉛筆ではなくボールペンで書こう」とか、「カーボン紙をはさんで、コピーをとっておこう」とか、皆で言ってるのです。
し、失礼な!
そんなことを言わせないためにも、今年もガンガン打ちまくってやらねば!
しかし現在、3試合を消化したところで、6打数1安打、打率1割6分7厘。
ちょっと、厳しいスタートとなりました…

花見

見の宴。
左から、伊藤和晃さん、内田稔さん、センさん、Pカンパニーの林次樹さん、山中誠也、スコアラーの藤平美保子ちゃん、円のマサさん、そして、僕。

 試合の日程を決めるのも、マネージャーの仕事。
今年は、試合の後に花見を企画しました。
インターネットで、桜の見頃時期を調べて、その日に試合を組んだのです。
我々のホームグランドの芝公園は、桜の名所でもあります。

 試合の相手は、宿敵、青二アローズ。
ここ十年、一度も勝てていない相手です。
なんと、大先輩の内田稔さんが応援に来てくれました。
皆の士気も上がり、青二に快勝!
おいしいお酒が飲めました。
ビールの泡の上に桜の花びら。
う~ん、風情ある!
やっぱり野球は勝たなきゃなあ!

鎌田

 若手の鎌田翔平。
去年、ピッチャーデビューして、この日、初勝利。
ロッテの唐川に似ている…

東京タワー

 夕方から中華料理店に移動。
僕は、お酒はホドホドにして、途中から食べる方に専念。
帰る途中の赤羽橋交差点で、東京タワーをバックに、自分で自分をパチリ。

て、野球ばかりやってる場合ではありません。
6月の舞台、「危機一髪」の稽古がいよいよ始まりました。
ブログプレゼントも決まりました。
昨日の夜、徹夜して、今朝の7時に出来上がりました。
達成感に浸り、早朝の住宅街を散歩しました。

今回も、ひとつ覚えの木版画。
好きなんです、ひとりでコツコツ彫ってるのが。
前回、ご好評を頂いた、「想い出の舞台」シリーズに続き、今回は、僕のシェイクスピアの初舞台をモチーフに、絵はがきを作りました。
ただの絵はがきではありません。
なんと、3D!
3Dの木版画は、おそらく史上初!
この一枚に、僕の版画技術の全てが込められています。

劇団昴のチケットコールにお申し込みの際、「宮本のブログを見た」と仰って下さい。
公演の詳細は、劇団のホームページまで!
www.theatercompany-subaru.com/

お待ちしています!



  1. 2012/05/02(水) 21:28:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1