FC2ブログ

宮本充のきまぐれ週報2

「蟲師」打ち上げ

日、「ホテル・スイート」の稽古が終わった後、原宿に行って来ました。

アニメ「蟲師」の打ち上げ会。

お洒落で雰囲気のある一軒家を改造したレストランを借り切ってのパーティーは、二階まで一杯の大盛況でした。
声の収録現場では、ほとんど会うことのないスタッフの皆さん。
アニメ制作という仕事には本当に大勢の人が関わっているのだということを実感します。
舞台なら、少なくとも登場人物の「人間」は最初から存在していますが、アニメは、それすらありません。
本当に、全くのゼロから世界を作り上げるのですから。
淡幽が書く字も、立派な書の先生が実際に書いていらしたことに驚きました。
放映が終わって随分日にちが経つのに、まだ仕事が残っているスタッフさんもいました。
これだけ大勢のスタッフさん(会場にいらした方々は、その中のほんの一部なのでしょうが)を率いていた長濱監督って…ホントに凄い!

蟲師2

キャラクターデザイン・総作画監督の馬越嘉彦さんとツーショット。
僕の演じた「柾」の絵をプレゼントして下さいました。
宝物です!

テル・スイート」、稽古も折り返し地点を過ぎ、いよいよ今日は初の通し稽古です。
稽古を進めていく内に、作家の偉大さが分かってきました。
さすが、世界のニールサイモン!
面白い舞台になりそうです。
皆さま、是非、お越し下さい!
(すみません、6月25日の回は売り切れとなりました)

スポンサーサイト



  1. 2015/05/29(金) 10:58:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

「スイート」 再び

テル・スイート」は、2組の夫婦の物語。

一組は、先日、紹介した伊藤さんとしのぶちゃん。
そして、もう一組は、こちら。

Bチーム

中央が一柳みるさん。
右が矢島祐果ちゃん。
もちろん、このふたりが夫婦じゃありませんよ。
僕と、みるさんが夫婦。

みるさんは、大女優の役。
祐果ちゃんは、その秘書。
僕は、小さな骨董屋の主人。
両側の2人は、みるさんにつくす役です。
その他にも、僕と祐果ちゃんには、ある共通点が…。
こちらのチーム、登場人物はこの3人だけ。

二組は、ホテルの同じスイートルームを使うという共通点があるだけで、舞台上で会うことはありません。
ニール・サイモンは、全く性格の違う二組の夫婦の、全く趣きの異なる二つの話を舞台に載せました。
伊藤さんの組は、庶民的な夫婦の、ドタバタ爆笑喜劇。
こちらの組は、ハイソな夫婦の、しっとりと味わい深い、大人の上質コメディー。
ま、写真だけでも十分、庶民とハイソの違いは出ていると思いますが。

絡むことのない2組ですから、稽古も今のところ別々にやっています。
「今日はA組だけ」とか、「今日は前半がA組、後半はB組」という風に、稽古時間をシェアしています。
相手の組がどのくらい進んでいるのかは分かりません。
でもその内、一緒にやることになるでしょう。
その時が楽しみ。

ちらの組のお二人とは何度も共演しています。
祐果ちゃんとは、最近では、「イノセント・ピープル」、少し前では「すたあ」など。
みるさんとは、最近では「石棺」。
あの時は、舞台と客席から、二言、三言、台詞を交わすだけでしたが。
過去には、「空騒ぎ」「機械仕掛けのピアノ」などがあります。
おっと、忘れちゃならないのが、「スイート・パニック」
みるさんが主役で、僕は恋人役でした。
「スイート」再び。

あ、スペルが違うか…
  1. 2015/05/07(木) 22:52:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

「ホテル・スイート」稽古始まる!

伊藤さんとしのぶちゃん

藤和晃さんと、佐藤しのぶちゃん。
「親の顔が見たい」のメンバーです。
先日の近畿巡演の時の写真ではありません。
巡演の直後から始まった、次の舞台の稽古場でのスナップ。
2人とは、続けての共演です。
と言っても、舞台の上で顔を合わせることはありません。

「ホテル・スイート」

カリフォルニアとロンドンのホテルの一室、いや二室(スイートルーム)を舞台に2組の夫婦が繰り広げる傑作コメディーです。
作者は世界の喜劇王ニール・サイモン。
彼のヒットシリーズ、「プラザ・スイート」、「カリフォルニア・スイート」、「ロンドン・スイート」。
この3本の“スイートもの”の中から、サイモン氏が特に気に入っている人物達を抜き出して、あらたに筆を加えて、一本の戯曲にしたのが、この「ホテル・スイート」です。

伊藤さんは、これからジョギングか庭仕事にでも行きそうな格好。
でも、そんな楽な役ではありません。
スポーツでいうならば、格闘技をマラソンを同時にやるような役。
叫び、怒鳴り、泣き、落胆し、動き回り、走り回り、心臓発作になりかけ、果てには常軌を逸した行動に出ます。
稽古が始まり、まだ一週間ほどですが、すでに満身創痍の態。
でも、コメディーというのは、役者がのたうちまわり、必死に汗をかいた分だけ、お客様が笑って下さるもの。
頑張って、のたうちまわって下さい。
そして、千秋楽までどうぞご無事に。
その後はどうなっても構いませんから。

そして、僕の相手役は…
続く!

さて、
今まで、昴の公演の際に、ブログをご覧下さった皆さまに、ささやかなプレゼントをお渡しして参りましたが、劇団の制作関係の都合により、残念ながら、本年度から「ブログプレゼント」制度が廃止となりました。
今まで、沢山のお申し込み、本当に有難うございました!

ブログプレゼントはなくなりましたが、お芝居は見に来て下さいね!

  1. 2015/05/02(土) 13:25:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0