FC2ブログ

宮本充のきまぐれ週報2

見るのとやるのは大違い

回続けて、絵だけのブログで失礼しました。
今回は文章です。
でも写真はありません。
血界カメラの電池が切れ、充電コードがどこかに行ってしまいまして…
当分は写真なしのブログになりそうです。
ああ、宝の持ち腐れ…

ャリングクロス街84番地」
稽古は順調!
と言いたいところですが…
ちょっと苦しんでいます。
何と言っても、台詞の量が膨大!

この芝居は書簡劇です。(「書簡劇」という言葉があるのかどうか知りませんが)

ニューヨークの古アパートに住む、貧乏女流作家と、ロンドンの古書店の店員との、20年におよぶ手紙による心の交流を描いたお話(実話)です。
原作は、実際に二人が書いた手紙の文章が載っているだけ。
それを舞台化したのがこの作品です。
と言っても、台詞は全て手紙の文章。

それをどうやって喋るか。
舞台で、手紙を読むのではありません。
客席に向かって、大西洋を隔てた相手に話しかけるように喋るのです。
そして手紙ですから短い文章はありません。
全てが長台詞!
それを客席に向かって話すのです!
「舞台上で、長台詞を、相手役に向かって話すのと、客席に向かって話すのと、どちらがいいか」と尋ねられれば、舞台俳優は間違いなく全員が「相手役」と答えるでしょう。
客席に向いて長台詞を喋るのは、とにかく大変なのです!

この舞台が初演されたのは、1985年。
当時、僕は演劇学校生でした。
三百人劇場で、その舞台を見た時の、心に染み入る静かな感動は今でも忘れません。
「台詞劇の名作」
「これこそ昴の代表作」
「いつかは自分もこの舞台を」
と思い続けてきました。
でも、念願が叶い、実際に演じてみると…
「見るのと、やるのは大違い!」
この言葉を痛感しています。
31年前の感動を、皆さまにお届け出来るか。
悪戦苦闘の日々は続きます…。

スポンサーサイト



  1. 2016/07/31(日) 01:06:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

21日(日)、売り切れました!

21日売り切れのお知らせ
  1. 2016/07/21(木) 00:31:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

前売り、始まりました!

売り切れのお知らせ


ャリングクロス街84番地」の前売りが本日から始まりました。
早速、沢山のご予約を頂き、驚いています。
チラシは出来たばかりなのに…劇団のホームページにもまだ何も載ってないのに…てことは、皆さん、僕のブログを見て、予約して下さったんですね。
ありがとうございます!
これからは、ちゃんと更新します!

おっと、もう朝の4時…。
明日は11時から稽古。
寝ます!
お休みなさい。
  1. 2016/07/20(水) 04:03:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

チラシが出来ました!

ャリングクロス街84番地」
チラシがよ~うやく、昨日、出来上がりました!
何と、前売り(7月19日(火))の3日前。
す、すみません、色々あって…小公演なもので…
そして、劇団のホームページには何も情報が載っていません。
その内、何とか載せたいと思うのですが…小公演なもので…




チャリクロちらし表



チャリクロちらし裏


だ今、猛烈、稽古中。
膨大な量の台詞と格闘しています。
こんなに喋るのは、以前、俳優座劇場で出演した「ハリウッド物語」以来。
いや、それ以上か。
僕にとっては大きなチャレンジ。
でも、面白くなりそうです。

皆さま、是非、お越し下さい!
今日は、とり急ぎ、チラシの掲載のみ。
次回に、色々と詳しくお知らせしま~す!
  1. 2016/07/18(月) 00:00:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

ジャンジャン横丁

ガード下

宅の壁に貼ってあった写真。
新聞の切り抜きです。
場所は、大阪・新世界のジャンジャン横丁の南端にあるJRのガード下。
左端の耳当てをしたオッチャンが気持ち良さそうに歌い、それに合わせて、二人のお爺さんがギターを弾き、それを缶ビールを持ったオッチャンが聞き、それを見ている別のオッチャンの両足の間から撮ったもののようです。
缶ビールを持ったオッチャンの足の間に見える白いボードは、歌のレパートリーか。
ギターのお爺さん達は、これで生計を立てているのか、それとも単なる趣味か。
(右端のお爺さんは、何だか品がありそうだし)
それにしても、1曲、いくらするんだろう。

街の散歩が趣味の僕は、このガード下にどうしても行きたくなりました。
そして、行ってきました。

ガード下2

新幹線・新大阪駅から地下鉄御堂筋線に乗り、動物園前駅で下車。
歩いてすぐの所にガードの入口はありました。
しかし、お爺さんとオッチャン達の姿はない。
近くのお店のオバサンに聞くと、
「あの人達がいるのは5時頃までや」
僕が行ったのは、夜の11時前。
ちょっと遅かったのです…

通天閣

ガード下を通り抜け、ジャンジャン横丁を北上すると、通天閣が見えて来ました。
新世界は、子どもの頃に、伯父に連れられて、ふぐ料理を食べに来たことがあります。
でも、その一度だけ。
ずっと、大人たちから「新世界には行ったらアカンで」と言われていました。
子どもが一人で行くと、誘拐されて、外国に売り飛ばされる、みたいな、そんな感じで脅されていたような気がします。
もっとも、僕が住んでいたのは、新世界からは、ず~っと南に下った、どちらかと言うと和歌山県に近い堺市でしたから、一人で新世界まで行く、なんて心配はなかったのです。

今の新世界はとてもキレイで、安全な街です。
深夜にも関わらず、まだまだ明るく賑やかでした。
しかし、串カツ屋の多いこと!
殆どが串カツ屋!

オッチャン達に会えなかったのは残念でした。
でも、もし会っていたとしても、僕は、ただ離れたところから眺めているだけで、話しかけたり、ましてや歌ったりは絶対しなかったでしょう。
そこが僕の小心なところなのです。
もうひとつ踏み込めないのです。
ジャーナリストにはなれない。


日から瀬戸内海を旅行しました。
そして横浜の自宅に戻ると、ベランダに置いてある缶製の鉢から可愛い葉が。

葉が出た

収穫が楽しみ。

月に「チャリングクロス街84番地」という舞台をやります!
まだチラシが出来ていないので、詳細は次回に。
皆さま、是非、お越し下さい!

すでに稽古は始まっていて、今日は小道具作りの日。
え、小道具を役者が作るの?
そうなんです。
この舞台は昴の「本公演」ではなく、有志が集まって企画した「小公演」なのです。
ですから、小道具は出演者達で作るのです。
でも出演者が7人と少なく、さらに、その内の二人は「グリークス」の稽古中で人手が足りず、座内に応援を頼みました。

小道具作りの三人

すると同期のハナちゃん(遠藤英恵)と後輩のアイちゃん(相沢恵子)が手伝いに来てくれました。
暑い中、本当に有難う!
やっぱ劇団はいいな~。

左端は一柳みるさん。
昨年の舞台「ホテル・スイート」で、僕は、みるさんの夫役でした。
さて、今回もベッドシーンがあるのか?

「チャリングクロス街84番地」
大好きな芝居です。
素敵な作品です。
是非、是非、お越し下さい!

期間は、8月17日(水)~21日(日)の5日間。
小公演なので、短いのです!
入場料金は3000円(前売り)!
小公演なので、お安いのです!
でも中身は大公演に負けません!
自信、あります!
心配なのは、夏バテ。
夏に弱いもので…。
  1. 2016/07/12(火) 02:20:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0